金沢市や野々市市の整体

ワクチンの解毒について

ワクチンの解毒について

デトックス


ワクチン接種で傷ついた人はこれを見てください。
<ピーター・マカロー博士による回復の洞察>

「スパイクタンパク質に対処しなければ、状況は改善しないだろう。」
マッカロー博士は、注射後の回復を目指す人々のために、3つの重要な物質を推奨しています。

1.) ナットウキナーゼ。なぜか?
前臨床研究で示唆されているように、ナットウキナーゼはスパイクタンパク質を分解します。

• 1日2回2000単位を服用してください。

2.) ブロメライン。なぜでしょうか?
納豆キナーゼと同様に、これもスパイクタンパク質を分解します。

• 1日1回500ミリグラムを摂取してください

3.) クルクミン。なぜか?
炎症を軽減し、タンパク質の損傷を急激に減らします。

• 1日2回500ミリグラムを服用し、吸収を高めるために5または10mgのピペリンと組み合わせてください。

これが、マッカロー博士による洞察の要約です。

<追加治療>

ヒドロキシクロロキン:
自己免疫の兆候がある場合に追加されます。

イベルメクチン:
持続感染の兆候がある場合に含まれます。

コルヒチン:
胸膜心膜疾患(心臓と肺の周囲の膜に関係)の顕著な兆候がある場合に使用されます。

ニコチンパッチまたは経口アシクロビル:
脳の霧のような神経症状がある場合に検討されます。

低用量ナルトレキソン:
体の自然な鎮痛反応を高め、炎症を軽減するために使用されます。

コメント


認証コード6603

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.6.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional