金沢市や野々市市の整体

雪かきと腰痛

雪かきと腰痛

日本海側を中心に豪雪に見舞われていますね。
スキー場はホクホクでしょうが、日常生活はたいへんですね!
朝早く起きて、玄関前や駐車場の雪かき、会社に着いてからも雪かきと、
この時期、もっとも腰を痛めやすくなります。

そこで、腰を痛めないための工夫についてお話しします。

雪かきで腰を痛める理由は「冷え」と「疲労」です。

まず、腰のところを冷やさないように注意しましょう。
使い捨てカイロを使ったり、腹巻きで腰回りが冷えないようにガードしましょう。

疲労を軽くする工夫としては、まず雪かきの道具。
家庭用除雪機があれば申し分ありませんが、普通の人は持っていないので、手頃なものとしては「ママさんダンプ」がいいでしょう。
「ママさんダンプ」はあまり腰をかがめる必要がく、腹筋に力を入れて押すことで雪を運ぶため、スコップに比べ腰への負担が軽いです。
スコップは腰の前後屈伸、回旋運動の繰り返しになりますので、腰への負担はそうとう大きくなります。
また、「ママさんダンプ」は一度に大量の雪を運べ、短時間で済むことも利点ですね。

しかし「ママさんダンプ」は、かさばって携帯に不便です。
そのため、どうしてもスコップで雪かきしなければならないこともあるでしょう。
そういう時は、自分の力量の範囲内に納まるように、できるだけ少量の雪をすくい、なるべく中腰の姿勢にならないように膝を使って持ちあげるように心掛けましょう。

またすくった雪は放り投げないで、捨てる場所まで歩いていってそっと投げましょう。
腰に急激な力をかけないようにすることが腰痛予防の基本です。

以上を守って、腰を痛めないようにじゅうぶん注意しましょう。
あと、すべって転ばないように注意してくださいね。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

無痛整体 らくらく堂

症状別ページはこちら→ 腰痛

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメント


認証コード2338

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional