金沢市や野々市市の整体

オスグッド

サッカー

無痛整体 らくらく堂へようこそ!

当院はオスグッド治療に定評のある治療院です。
確かな技術が支持され、富山県、福井県、かほく市など遠方からも多数ご来院いただいております。

サッカー

オスグッド病(成長痛)とは?

中学生

オスグッド病は、10 - 15歳の活発な発育期の男子に多く発生し、積極的なスポーツ活動などをしているうちに膝の前面(脛骨粗面部)が痛んだり、骨が隆起したりする障害です。(病気ではありません)

オスグッド。しっかり改善させましょう!

オスグッドの代表的な症状

バスケ
野球
  • 膝下がぽっこり腫れあがり、ほんの少し触れても痛い
  • 自転車をこぐと痛い
  • 正座が痛くてできない
  • ストレッチするだけでも痛い
  • 痛くて走れない
  • 曲げ伸ばしをすると膝が痛む

オスグッドの原因

このオスグッド。原因は過度の練習・間違った練習方法・ストレッチ不足・間違ったケアの方法による、大腿や膝周辺の筋肉の疲労と癒着です。
この疲労と癒着が原因となり、膝関節がわずかにずれ、過度の力がかかって膝蓋靱帯が剥離するために上記のような症状が起こります。
説明図 X線写真



直前のページへ戻る

オスグッドは直ります!

オスグッドに関して、次のような間違った考え方をされていませんか?

  • オスグッドは成長痛だから、痛いのを我慢して痛みと付き合っていくしかない。
  • 成長期だから仕方がない。
  • 自分が子どものころは、痛くても我慢してやったもんだ。
    痛くて練習を休むのは、逃げているんじゃないか。根性がないんじゃないか。

コーチや監督、保護者の多くがこのように考えていらっしゃるようです。
しかし、これらは何れも間違った考え方です。
このような誤解がまかり通り、子どもたちを苦しめ、回復を遅らせている現実に目を向けていただきたいと思います。
オスグッドに限らず、痛い練習を続ければ続けるほど症状は悪化するということを、知っていただきたいと思います。

皆さん、良くなっています☆

当院では来院された子供さんのほとんどが回復し、スポーツに復帰しています。
しかし、具体的な成果には個人差があり、日常のケアの仕方などによって、回復までの期間にも個人差が出てまいります。

富山県南砺市から来院した大浦一貴くんは、軽い症状だったため2回の通院で痛みが無くなり、練習に復帰できるようになりました。

河北郡から来院の吉田由佳ちゃん(小学4年生)は、ミニバスをしている元気で可愛い女の子です。
練習や試合が多くなると、膝が痛むことが多くなりました。
監督からは「病院に通いながら練習は休まないように」と言われていましたが、その意見に納得がいかず、当院に来られました。
当院での3回の治療により痛みは無くなり回復し、ときどきメンテナンスに通われています。

金沢市の大田昇平くんは、小学5年のサッカー少年で、大の長友選手ファン。
練習中に左足の膝がズキズキと痛くなり、走れなくなってしまいました。脚を曲げると痛いし、正座もできません。
1回目の施術後は痛みが少し減り、歩くのが速くなりました。
昇平くんには、正しいストレッチと生活習慣の改善を心がけてもらいました。
その結果、次第に膝の痛みは取れていき、膝が曲がるようになっていきました。
2回目の施術の後は、ほぼ完全に痛みは無くなりました。

その他、白山市や小松市の中学生も通われ、皆さん回復しています。

中学生、男子 (親御さん代筆)

【練習ができるようになりました!】

息子(中学1年)は、サッカーの練習中に右膝が痛みだし、練習を休むようになりました。
同じ部活をしている子の母親から、整体院らくらく堂さんのことは聞いていたのですが、やはり病院でちゃんと診てもらった方が良いと思い、整形外科でレントゲンを撮ってもらいました。
その結果、オスグッドと診断されましたが、治療としてはただシップを出されただけ。
はやく痛みを良くしてあげたいので、紹介された整体院に通うことにしました。
整体院の先生は病院とは逆で、膝を冷やしてはいけないと言われました。また、シップもやめた方がいいと。
半信半疑ながら、治療が終わった後、先生が息子に「痛みはどうかな?」と聞くと、息子は「まえより痛くない」と言い、屈伸をしているのには驚きました。
結局、4回通いましたが、痛みはほとんど無くなったようで、今では練習も普通にしています。
痛み止めやシップなどは使わずに、短期間で良くなり感謝しています。
オスグッドでお困りのお子さんをお持ちの方にここはお勧めします☆!

※ 効果には個人差があります

<院長よりひとこと>
大くん、よかったですね!
お伝えしたストレッチ、やってますか?
あれ、練習の前後にするといいですよ。

中学1年生のころは骨がどんどん成長する時期ですから、激しい練習で筋肉の疲労や収縮が限度を超すと、また痛む可能性があります。
ですから定期的に筋肉をゆるめるように心がけて下さいね。
思いっきりスポーツを楽しませてあげてください☆

中学生、男子 (親御さん代筆)

【息子のオスグッド】

中2の息子の右膝が、オスグッドと診断され、毎日湿布をするだけで治らず困っていました。
何か良い治療がないか調べたら、らくらく堂さんを見つけ、何もしないよりかと思い、とりあえず行って見ました。
治療が終わり本人に聞いた所、「凄く軽い!膝も楽!」と。触ると本当に分かる位、ほぐれていて驚きました。
野球の辛い練習にも、足を気にする事もなく、出来ているみたいです。
今では、定期的に通わせてもらっています。
本当に、らくらく堂さんに出会えて、心から感謝しています。
ありがとうございます。

※ 効果には個人差があります

<院長よりひとこと>
ご投稿、ありがとうございます。
遠く福井県から通っていただき、感謝しています。

息子さん、思う存分野球ができるようになって本当に良かったですね!!
施術をするとすぐに筋肉がやわらかくなり、たいへん反応が速いと感じております。

今日は右腕の筋肉の緊張も取れてきましたよ。
たぶん投げやすくなっているはずです。

また、試合の結果、教えてくださいね。
今日はありがとうございました。


その他の喜びの声はこちら⇒ お客さまの声


無痛自然療法による治療方法

当院の回復プログラム

オスグッドを根本的に解決するには、原因となっている膝周辺の疲労と癒着を取りのぞく必要があります。
その後に、関節や靱帯を調整していきます。

当院の無痛自然療法では次のプログラムにしたがって施術をしてまいります。

  1. まず、大腿と膝周辺の裏側から疲労と癒着を取っていきます。
  2. 膝の裏側を中心に癒着を取ったあとは、膝の関節の調整をいたします。
    ここまでで、軽い痛みなら、もう治っています。
  3. 最後に膝蓋靱帯の剥離を直します。
    軽い症状なら、1回の施術で正座できるようになり、2~3回の施術で痛みは無くなります。

中学生、男子 (院長代筆)

金沢市の佐々木源太くんは、サッカーが大好きな中学1年生。
サッカーのバッグ(けっこう重いそうです!)を持っての歩行時や、練習でジャンプしたりするときに右膝の下のところが痛むということで来院しました。
来院したときは正座もできない状態でした。

1回目の施術では、大腿部と膝周辺筋の緊張と癒着を取りました。
しかし、その時点ではまだ痛みが残っていました。

2回目の施術では、大腿部と膝周辺筋の緊張を取った後、膝関節のずれを調整したところ、膝の痛みは消失しました。

その後も、走ると右膝に少し痛みはでるものの、源太くんには練習前と練習後のストレッチ、入浴法などのケアを続けてもらいました。

そして、4回目の施術で完全に回復しました。

※ 効果には個人差があります

生活面での注意点

練習について

練習を休んで治療すれば、速く直ります。休んで施術を受けることをお勧めします。
練習を休めない場合は、痛くなる前に練習を止める、痛い練習は止める、これが守れれば、速く回復します。

痛くても我慢して練習する場合は、練習でかえって悪化しますので、一進一退を繰り返します。
間をあけずに治療できれば、それほど期間はかかりませんが、痛いのを我慢して練習し、しかも頻繁には治療できない場合は、どうしても長期になってしまいます。

ストレッチについて

間違ったストレッチをすると、かえって症状を悪化させる場合があります。
当院でお伝えする正しいストレッチを練習の前と後にすることで、予防・回復することができます。
更にオスグッド用の簡易ストレッチを、練習中や給水タイム、休憩時などに、こまめに行うことで、より回復が加速します。

また、ストレッチだけではなく、必要に応じて身体のケアの方法をお伝えいたしますので、実践してみてください。

栄養について

筋肉や腱が成長していく過程で特に必要な栄養素は

  • タンパク質
  • ビタミンC
  • 鉄分
    これらの栄養素が不足してくるとオスグッドの症状が出やすくなります。
    なので、普段から好き嫌いをせず、しっかりと食事から必要な栄養素をとりましょう。

やってはいけないこと

[check] アイシング
一時的に神経を麻痺させて痛みを感じなくしているだけ。
血流が悪くなりかえって疲労の回復を遅らせます。
[check] 痛いストレッチや強いマッサージ
からだが硬直してしまいます。
[check] テーピングやサポーター
膝がかえってずれやすくなります。
[check] 膝を回す運動
膝がずれやすくなります。
[check] 痛いのに無理して練習する
回復が遅れます。
[check] 外科手術
オスグッドの症状で手術を選択する必要はまずあり得ませんので、やめることをオススメします。

早期治療が必要なわけ

オスグットは、早期に治さないといけません。

痛みをがまんして生活や部活等を続けていると、膝に極度の負担がかかり、股関節 → 足首 → 骨盤へと、その歪みは広がっていきます。
その結果、痛みをかばった不自然な動きが身についてしまうことがあります。
そして、この不自然な動きがクセになってしまうと、将来、坐骨神経痛、ヘルニア、股関節症、膝関節症などの症状に襲われる可能性が高くなります。
以上の理由で、らくらく堂では早期治療をお勧めしています。

青春

オスグッドは早ければ早い程、治りも早いです。痛い!といいながら、おそるおそる生活するのは精神的にもつらいものです。

できるだけ早く治療し、二度とない青春時代を思いっきりエンジョイしてください。


症状別のページはこちらから



オスグッドInformation
オスグッドInformation はオスグッド病についての正しい知識と治療院のご紹介を目指している全国治療院ポータルサイトです。



お問い合わせ・ご予約


powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional