金沢市や野々市市の整体

自律神経を整えるための生活習慣

自律神経を整えるための生活習慣

自律神経失調症

無痛自然整体による治療を受けた上で、
次にご紹介するような生活習慣の改善を行うと更に効果的です。

1.ぬるめのお風呂にゆっくりつかる

ぬるめ(体温+4°)のお風呂にゆっくりつかりましょう。
そうすることにより副交感神経が優位になり、リラックスできます。

2.毎朝、体内時計をリセットする

活動するときと休息するときのメリハリをつけると、
自律神経は安定します。

そのために、朝起きたらまず太陽の光(紫外線)を浴びましょう。

そうすることにより体内時計がリセットされ、
メリハリのある生活がし易くなります。

3.適度な運動をする

身体が緊張状態にあると、自律神経が乱れます。
適度な運動は身体の緊張をゆるめます。

朝の新鮮な空気を胸いっぱいに吸いながら、
ウォーキングなどを心がけましょう。

4.食生活に気を配る

自律神経失調症にはビタミンA・B・Eを
多く含む野菜を摂ることが効果的です。

又、ショウガやウコンなどの地下茎類のハーブは、ストレスで
縮んだ血管を拡張させ、自律神経を整える働きがあります。

5.食べてすぐに寝ない

食べてすぐに寝てしまうと、交感神経が優位な状態で
眠ることになり、自律神経の乱れにつながります。

ですから、食べた後3時間以上空けてから寝るようにしましょう。

6.ストレスがあることを自覚する

どういうことが重なると自分はストレスを感じやすいのかなど、
自分自身を客観的にとらえられると、逆にストレスは半減します。

(おわり)

コメント


認証コード3365

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.6.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional