金沢市や野々市市の整体

熟睡と成長ホルモンの話

熟睡と成長ホルモンの話

肌の細胞の修復を促すのは「成長ホルモン」。
この「成長ホルモン」は、睡眠中にその7割が分泌されています。

しかし、寝ているときに胃の中に食べ物が残っていると、熟睡しづらく成長ホルモンが充分分泌されなくなってしまいます。
また、睡眠中は無駄なエネルギーを使わないようにエネルギー代謝が抑制されているので、このとき消化活動をしていると、食べたものが中性脂肪に作り替えられ、太りやすくなってしまいます。
ですから、食事は寝る3時間前には済ませ、水分も2時間前までに摂取するとベストですね。

さらに、睡眠のゴールデンタイムと言われる22時~2時に寝ると、睡眠時間が短くても熟睡度が高く、成長ホルモンの分泌が活発になります。

皆さん、睡眠の質にも気をつけて下さいね。

コメント


認証コード0029

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional