金沢市や野々市市の整体

ぎっくり腰

ぎっくり腰

【家庭でできるぎっくり腰予防法】

ぎっくり腰の予防法を書きますね。

■ぎっくり腰になる前に!

◎ 《早く寝る》
早く寝ることは、腰痛の人全般にとって大切な習慣です。
夜更かしをすると、腰痛の原因である「腸腰筋の弱り」を引き起こします。

◎ 《指を揉む》
足の親指と小指、それに手の人差し指と中指をもみましょう。
これにより、おしりの筋肉、腰の側面を支える筋肉の過緊張を緩めることができます。

◎ 《食事の内容に気をつける》
ぎっくり腰の人は、お腹が冷えています。
お腹が冷えると体幹を支える筋肉が弱くなります。
ですから、冷たい飲み物・食べ物や甘いもの、サラダ、牛乳などは避けましょう。
逆にお腹を暖める食べ物は、そばなど温かい食べ物や根菜類。

◎ 《足を温める》
足の冷えがぎっくり腰の原因となることがあります。
足を温めることで回復を早くすることができます。

■ぎっくり腰になってしまったら

◎ 《動ける範囲で動かす》
ぎっくり腰になっても安静にしていてはいけません。
動ける範囲で(痛くない範囲で)少しずつ腰回りの筋肉を動かしましょう。

◎ 《テーブルに手をついてくしゃみをする》
くしゃみは腰を痛める危険性が高いです。
テーブルに手をついてからくしゃみをすると衝撃がやわらぎ、腰を痛めずにすみます。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

無痛整体 らくらく堂

症状別ページはこちら→ ぎっくり腰

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

コメント


認証コード7992

コメントは管理者の承認後に表示されます。

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional