金沢市や野々市市の整体

腰、股関節の症状

腰、股関節の症状

腰椎すべり症(50代、女性、主婦・パート)

<どのような症状か>
仕事中、中腰で作業をしていたところ、腰に痛みを感じた。
翌朝、立ち上がれないほどの痛みとなる。
病院へ行ってMRI検査を受けたところ、「腰椎すべり症」と診断される。
ボルトで、腰椎を固定する手術を勧められる。
それ以来、数日間、痛みのため、日常生活が困難な状態。

<見立てと施術>
腰背部の緊張を解いたところ、痛みが軽減し、腰の可動域が広がる。
そのため、腰椎のすべりが痛みの原因ではなく、腰背部の過度な疲労と緊張であると判断。
痛みの出ない、座位で施術をした結果、歩行に改善がみられる。

<指導と経過>
とにかく横になって、静養することを提案。
一日おきに、3回施術した結果、何とか家事がこなせるまで改善。
初回から二週間後には、5回の施術が完了。
日常生活に、ほぼ支障がないレベルにまで改善。
さらにその数日後には、仕事に復帰。
初回から三週間後には、腰痛を忘れて仕事できるまでに改善した。
施術回数は、合計9回。
現在は、数ヶ月に一度、メンテナンスのため来院中。

<ひとこと>
重度の腰痛で病院へ行くと、レントゲンやMRIなどで検査をされます。
そこで異常が発見されると、それが痛みの原因と断定されます。
そして、手術を勧められることも多いようです。

もちろん、手術が有効な場合も多々あるでしょう。
しかし、手術は最終手段とお考えいただきたいというのが、私の意見です。

なぜなら、第一に、検査で発見された異常が、必ずしも痛みや症状の原因でない場合が、多々あるからです。
その場合は、当然のことながら、手術をしても、痛みは消えません。

第二に、手術は身体に深刻なダメージを与えます。
身体を切開したり、組織を切除したりすることにより、身体の機能が損なわれたり、回復力が阻害されます。

第三に、手術には高額の医療費がかかります。
そして、場合によっては長期にわたる入院やリハビリが必要です。
莫大なお金と時間が、無駄になります。
ちなみに、この方の場合、手術費は100万円以上とのことでした。

今回のケースも、まさに手術不要でした。
この方が、もし言われるままに、手術を受けていたら・・・
それを考えると、ぞっとします。

ほとんどの病院は、対症療法しかできません。
事故や怪我等、対症療法が必要なケースも、多くあります。
しかし、身体の痛みや不調は、生活の中で積み重なった疲労や緊張、それによる骨格の歪みや循環の滞りが原因の場合が、多くあります。
それらは、対症療法では、解決することはできないのです。
ぜひそのことを、多くの方にご理解いただいたいと思います。

股関節の痛み(20代、女性、保育士)

<どのような症状か>
約2年前から、左尻~股関節に痛みを感じていた。
一週間前、それが激痛になり、朝、立ち上がれなくなった。
痛みが引かないので、整形外科で受診する。
レントゲン検査の結果、股関節に先天的変形があるとの診断。
手術にて人工股関節にしないと、歩けなくなる可能性があると言われた。
歩き出すと痛みは軽減するが、前屈で痛みが出る。
ときどき、左腰につるような痛み、左脚にシビレ。
その他、首と肩のこりもある。

<見立てと施術>
検査の結果、股関節転位の左右差が著しい。
左腰部、股関節部の筋肉のバランスの崩れが主原因と推察。
脊柱彎曲の崩れも、みられる。
全身を調整するとともに、股関節周辺を念入りに施術。
その結果、痛み軽減(10→6)。

<指導と経過>
手術は最終手段として、日を詰めて施術を受けることを提案。
脊柱の湾曲回復と、股関節調整を目的とした、二種類の自己療法を指導。
二週間で、初回含めて合計4回施術。
その結果、痛み、違和感ほぼ消失(10→1程度)。

<ひとこと>
整形外科で受診をすると、よく「変形性○○症」とか、「先天性○○症」という診断をされます。
たとえ変形があっても、それが痛みの原因ではない。
私の経験上、そんなケースが多々あります。
西洋医学の検査機器では捉えられない、微々たる歪みや左右差、動作時のバランスの崩れが、痛みや不調の原因であることは、よくあることです。
今回ご紹介した例も、そうです。
あの時、この方が、医師に言われるまま手術を受けていたら・・・
そう考えると、ぞっといたします。

なぜなら、何度も手術を受けたのに、よくならない、治らない。
そればかりか、余計に痛くなった、歩けなくなった。
そんなお話を、よくうかがうからです。
もちろん、手術が必要なケースも、多いことでしょう。
でも、身体にメスを入れることの怖さをよく考えていただきたいのです。
切除された組織は、元へは戻らないのです。

手術は、最終手段。
そう考え、慎重に対処すべきだと私は思います。
なぜなら、身体は何とか回復すべく、働くからです。
変形してようが、すり減ってようが、あきらめては絶対にならない。
私は、強くそのように思います。

手術を受けるべきか、やめるべきか・・・このようなお悩みをお持ちの方は、ぜひご相談ください。

腰椎すべり症(50代、女性、主婦)

<どのような症状か>
約三年前から腰痛を意識しだした。
二年前にひどくなり、一年前に整形外科で「腰椎すべり症」と診断された。
布団から起き上がったり、椅子から立ち上がる時に、腰が砕けるような痛みがある。
左脚に強いシビレがあり、歩いていると感覚が無くなる。
その他、身体全体がしんどく、あまり動く気になれない。
ストレスで、頭痛や吐き気をもよおすこともある。

<施術の経過と結果>
合計8回施術、所要期間約三週間、各症状が軽減。
初回と2回目は、二日連続して施術。
その結果、よく眠れ、朝スッキリと起きられるようになった。
腰の痛みはあまり感じず、身体も軽くて楽に感じるようになった。
そのせいか、気持ちもラクになってきた。
その後、数日おきに施術。
歩いていても忘れるほど、腰の痛みは軽減した。
左脚にやや違和感は残るが、遠方へ旅行へ行けるほどに各症状が軽減したため、8回目でいったん終了とする。

<院長コメント>
日を詰めて施術を受けていただいたので、回復が早かったのだと思います。
たいへん真面目な性格ゆえ、何ごともきっちりやろうとされ、無理を重ねられた結果ではないかと思います。
また、日を重ねるごとに表情が明るくなられていく様子を拝見するのが、とても嬉しかったです。
ありがとうございました。

腰椎椎間板ヘルニア(50代、男性、会社勤務)

<どのような症状か>
一ヶ月前から、腰が重かった。
先週、出張先で左脚に強い痛みとシビレを感じ、動けなくなった。
整形外科でMRI検査をした結果、腰椎椎間板ヘルニアと診断された。

<施術の経過と結果>
合計2回施術、所要期間二週間。症状が軽減。
1回目の症状でかなり楽になる。
二週間後に2回目の施術、仕事に支障がないと判断したため、いったん終了とする。

<院長コメント>
1回目の施術前、骨盤に大きな歪みがありました。
それが矯正されたことにより、回復が進んだと思われます。
まだ完治には至ってないので、無理をしないようにしてください。
できれば、痛くなる前に再度ご来院いただきたいと思います。

ぎっくり腰(50代、男性、会社勤務)

<どのような症状か>
ものを取ろうと手を伸ばした途端に腰に激痛があり、立てなくなった。

<施術の経過と結果>
初期は、激痛のためまったく立てない状況であったため、電話で対処法を指導する。
その結果、介助を受けて立てるようになったので、家族に付き添われタクシーで来院。
初回施術により、痛みは残るものの、座ったり立ったりの動作がかなり楽になった。
ゆっくり休むこと、そして急な動作や痛い姿勢を避けることを指導。
また、帰りは徒歩と電車で帰宅することができ、翌日は出勤できた。
翌々日に、二回目の施術。
日常の動作にはほど問題ない程度に回復。
その三日後に、三回目の施術。
腰にやや重だるさはあるものの、仕事にも支障がないとのことで、いったん終了する。

<院長コメント>
疲労の蓄積と、寝不足が原因です。
精神的ストレスも影響していると思われます。
ご自分の生活や姿勢を見直し、腰への負担を軽減させる工夫をしてください。
そして、十分な睡眠時間(6時間以上)を取るようにしてください。

股関節痛「歩くと痛む」(70代、女性、主婦)

<どのような症状か>
右の股関節がズキズキと痛む。
5分くらい歩き続けると、休まなければならないほど痛くなる。
股関節の違和感は20年前くらいから感じていたが、ひどく痛みだしたのは1年くらい前から。

<施術の経過と結果>
合計6回、所要期間2カ月で、歩いていても痛みが気にならなくなる。
その後も、1~2ヶ月に1度、メンテナンスのために施術実施。

<ご本人のコメント>
体操クラブへ通い始めて32年たちました。
ところが、ここ20年くらい時々痛む股関節が、5分ほど歩くとひと休みしなければならないほどひどく痛み出し、体操クラブ通いを断念しようと思っていました。
そんなときに、知人から紹介をされ、今年のはじめ頃から西田先生のところで無痛自然療法の施術を受け始めました。
そうしたら、5~6回目の施術を終えた頃から、完治したとは言えませんが、歩くことが全然苦にならなくなりました。
また楽しく体操クラブに通えるので、とても喜んでいます。
それから、布団に入ってもなかなか眠れず、安定剤や睡眠導入剤が手放せなかったのですが、この施術を受け始めてから、とてもよく眠れるようになりました。
また、今年の最初に50キロあった体重が徐々に減り始めて、今では45キロ前後を保っています。
おかげでとても身体が軽く、快適です。
これからも、定期的に施術を受けて、健康を保ちたいと思います。

<院長コメント>
よかったですね。
初期に日を詰めて施術をしたのが幸いしたと思います。
股関節の痛みで来院されましたが、不眠が治ったり、体重が減ったりするという、嬉しいオマケがついてよかったですね。
でも、いろんな不調が同時に解消されるのが、この療法の大きな特長です。
これからも健康のために、定期的に施術を受けてください。

腰痛「赤ちゃんを抱くと痛い」(20代、女性、主婦)

<どのような症状か>
10年前から腰痛に悩まされている。
数回ぎっくり腰を経験し、整形外科で診てもらったところ、椎間板が狭くなっていると言われた。
接骨院でマッサージを受けていたが、改善されない。
寝起きと、赤ちゃんを抱くときが、いちばん痛い。

<施術の経過と結果>
合計3回施術、所要期間約一週間。
3回目終了した時点で、痛みが10→1に軽減したため、その後は月に1回のメンテナンス施術にする。
また自己療法を指導、自宅にて実践してもらう。

<院長コメント>
詰めて施術を受けていただいてので、改善が早かったですね。
出産から子育ての時期は、女性の身体にはたいへん大きな負担がかかります。
この時期にきちんとメンテナンスをするかどうかで、その後の体調に大きな差が出ます。
今後も、月に一度はメンテナンスのための施術を受けてください。

腰痛、尾骨の痛み(20代、女性、作業療法士)

<どのような症状か>
約10年前からの腰痛。
左腰が「つりそう」に痛い。
特に仕事が終わった後がつらく、夜に眠れないこともある。
左脚全体に、しびれるような痛みがある。
仰向けに寝ると、尾骨が痛い。

<施術の経過と結果>
合計8回施術、所要期間一ヶ月強。
3回目終了した時点で、2~3日は痛くない日が続くようになる。
その後、一進一退を繰り返す。
7回目終了後、最初の痛みが気にならないくらいに軽減。
8回目でいったん終了とする。

<院長コメント>
しつこかった尾骨の痛みが消えて、よかったですね。
もともと抱えていた不調に、仕事の無理が重なったのだと思います。
今後も、できたら痛くなる前にメンテナンス施術を受けることをお勧めいたします。

powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional