金沢市や野々市市の整体

接骨院

接骨院(整骨院)をお探しのあなたに

接骨院をお探しですか?

接骨院をお探しになっているあなたは、たぶん身体のどこかがお辛いのではないでしょうか?
でも、「頭痛」だから接骨院を探すとか、「生理痛」だから接骨院に行くという人は、あまりないと思います。

多くの方は「肩こり」や「腰痛」、「四十肩」や「ぎっくり腰」、「ヘルニア」や「坐骨神経痛」などの治療のために接骨院を選ばれるのではないかと思います。

「でも、それって整体院でも対応しているんじゃないの?」
「そもそも、接骨院と整体院、どう違うの?」
このような疑問をお持ちの方も多いのではないかと思います。

接骨院と整体院は、どう違うのか?

接骨院と整体院。
ひとことで言うと、役割が違います。

接骨院の役割

  • 対象は骨や関節
  • ケガの治療

整体院の役割

  • 対象は全身
  • 身体を整えるための施術や指導

接骨院は、柔道整復師という国家資格保持者が、打撲、捻挫、挫傷(肉離れ)、脱臼、骨折など、いわゆるケガの治療を行うところです。

それに対し、整体院は読んで字のごとく、身体を整えるための施術や指導を行うところです。


また、接骨院は【骨や関節】が対象で、主に骨・関節・筋・腱・靭帯等の損傷に対する施術を行います。

それに対し、整体院は【全身】が対象で、骨や関節の損傷というよりは、骨のズレや全身のバランス異常を観るところです。また、整体院では腹痛や胃痛などの内臓異常や血液循環の活性化なども行います。

つまり、役割がはっきり違うということを、ご理解いただきたいと思います。

保険適用について

次に保険適用の有無について触れておきます。

接骨院

  • 国家資格(医療行為)  保険が適用される
  • 保険適用範囲 ⇒ 急性のケガのみ

整体院

  • 民間資格(医療類似行為)  保険が適用されない
  • 保険適用範囲 ⇒ なし

接骨院は柔道整復士という国家資格取得者が経営するところです。
この国家資格は医療行為と法律で定められているために、保険制度が適用されます。

それに対し整体院は民間資格である整体の技術を学んだ人が経営するところです。
この民間資格は法律で医療行為とは認められていない(医療類似行為にあたる)ので、保険が適用されません。

もう少し具体的に申しますと、接骨院が保険を使って診ることができるのは、“急性のケガ”のみです。
日常生活の疲労が原因の腰痛や肩こりには、保険は適用されません。
その他、原因不明の慢性的な症状、改善がみられないまま長期にわたる症状、神経性による筋肉の痛み(関節炎、リウマチ)、治療後の疼痛や脳疾患後遺症のリハビリ、老化による身体の痛み等にも保険適用はできません。
これは法律で禁止されています。

したがって、もし接骨院で、上記のような症状に対して保険を使って施術を受けている場合は、保険の不正請求をしていることになりますので、じゅうぶん注意が必要です。

  • 多くの接骨院は、急性のケガ慢性的な諸症状(腰痛や肩こり…etc)との境界線がハッキリしないことを利用し、保険の不正請求を行っているのが実態です。
    その金額は毎年、なんと4000億円です。
    このお金は全て、我々が納めた保険料です。

接骨院か整体院か

以上のことをふまえた上で、ご自分の症状と照らし合わせ、治療院をお決めになることが大切です。

最後に、接骨院と整体院のリスクについて付け加えさせていただきます。
それらを参考に、ご自分の症状にあった治療院をお選びください。

接骨院のリスク

  • 急性のケガ以外に、保険は適用されない。
    したがって保険が適用されない症状(生活習慣による肩こり、腰痛…etc)に対して保険を使用すると、法律違反になる。
  • 接骨院の先生(柔道整復士)は、急性のケガ以外の症状に対する施術は基本的に難しい。

整体院のリスク

  • 民間資格は国家で認められた資格ではないため、法律的には無資格と同じ。
    したがって整体師には、しっかりした技術を持った整体師と、素人同然の整体師とが混在している。
  • 整体院の先生(整体師)は、骨・関節・筋・腱・靭帯等の損傷に対する施術は基本的にできない。


    こちらもご覧ください ⇒ 当院の考え方


    お問い合わせ・ご予約


powered by HAIK 7.1.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional